バッグを選ぶポイント

結婚式にお呼ばれされた際、着用するドレスにだけ目が向いてしまいがちですが、スタイリングはトータルコーディネートで考える必要があります。例えばバッグもドレスのデザインやカラーに合わせたものを選ぶと良いでしょう。デザインはハンドバッグやクラッチバッグが定番です。ドレスに浮かないよう、小さめサイズのものがおすすめです。 華やかな場に身に着けるバッグですので、ラメやスパンコールなどが装飾されているものが向いています。ドレスが無地でもこのような装飾がされているバッグであれば、華やかな印象を出せるので1つあると便利です。ただし、昼間の披露宴だとあまりキラキラとした光を反射する装飾品が付いているバッグだと、写真撮影の際に反射してしまうのでマナー違反になると言われています。昼間の披露宴に出席する際は、あまりラメアビジューが大きくないものを選びましょう。

シューズもマナーを守ろう

結婚式に出席する場合、華やかさだけでなくマナーも重視して小物選びをしなければいけません。シューズもマナーを守ったものを選びましょう。女性の場合、3センチ以上のヒールがあるパンプスだとは華やかだけでなく、スタイルアップして見えるのでおすすめです。妊婦さんなどでヒールのあるパンプスがはけないという場合は、素材やデザインを選べばローヒールのものでもOKです。

逆に避けたいのは爪先が出ているオープントゥシューズや、かかとが露出したバックストラップシューズです。爪先やかかとが覆われたデザインのシューズを選びましょう。また爪先・かかとが隠れていてもカジュアル感の強い、ショートブーツなども避けたいです。デザインはあまり華美すぎないものだと、浮きにくいのでおすすめです。