過度に露出した服は厳禁

20代を過ぎると、学生時代の友人や親せき、職場の方から結婚式に招待される機会が増えますよね。その場合、どのような衣装を着ていけばいいか分からないという方は少なくありません。場違いな印象にならないようにマナーをしっかりと守った装いをすることが大事です。結婚式に招待された際、絶対にやってはいけないのは過度に露出の高い服装をすることです。例えば、膝上10センチ以上のミニスカート、胸の谷間が大きく見えるような服装、スリットが大きく入ったワンピースなどです。また、ノースリーブのワンピースも肩が大きく見えるので控えた方がいいでしょう。ノースリーブのドレスを絶対に着たい場合、ショールやボレロなどを羽織った方がいいですよ。

結婚式でおすすめのデザイン

初めて結婚式に呼ばれた場合、どんな服装をしていけばいいのか戸惑ってしまいがちですね。そういう方におすすめしたいのは、袖がレースタイプのワンピースです。長袖のワンピースを結婚式に着ていく方は多いですが、それだと重たい印象になりがちですよね。しかし、袖がレースになっているワンピースを選べば、軽やかで洗練された印象になります。また、レースが繊細で美しいので、女性らしい雰囲気を演出できますよ。その他にも、モックネックのワンピースも結婚式に着ていくのにおすすめのデザインです。モックネックならばデコルテを露出することがなく、清楚で上品な印象になるからです。結婚式などのお呼ばれの場にまさにぴったりのデザインだといえます。