喪服に合うバッグとは

お葬式に参列する際に持っていくバッグは黒色が基本ですが、黒色なら何でも良いという訳ではありません。弔事の場では殺生をイメージさせるものはNGとされており、毛皮や爬虫類系の皮革が素材となったバッグは避けた方が賢明です。しかし丈夫で長く愛用出来るという点では、革製のバッグは人気があり、ツヤを抑えて喪服にも合うようにデザインされた革製バッグも出ています。つまり優先順位としては、黒色の布製のバッグが最も理想的ではありますが、「つやのないマットな黒」であれば、革製バッグでも良しとなります。またバッグのサイズは大きすぎるとカジュアルに見られてしまうため、小さめのハンドバッグを持っていくようにします。小ぶりなバッグは荷物があまり入らないのが難点ですが、黒色のサブバッグを用意していると、荷物が多くても困る事はありません。

アクセサリーを身に着けるなら真珠

和装の喪服で葬儀に参列する時、アクセサリーは身に着けないのが基本です。唯一許されているのが結婚指輪や婚約指輪ぐらいです。一方、洋装の喪服は、正装にノーアクセサリーは失礼という考え方があり、アクセサリーを身に着ける事はマナー違反とはなりません。とは言え、派手でキラキラと輝くようなものを着けるのはNGです。亡くなった人へ哀悼を表すという意味では、悲しみの場面で流す涙の象徴と言われる真珠のネックレスが定番となっています。ちなみに真珠のアクセサリーを用いる時は、必ず1連のネックレスやイヤリングにとどめておく必要があります。2連、3連といったネックレスは「不幸を重ねる」という意味があるのでふさわしくありません。