レンタルすることも可能

お通夜の場合は平服でもOKとされていますが、告別式の場合は正式なセレモニーとなるため参列者全員、喪服でなければいけません。急な不幸があり喪服を事前に準備しておらず、着るものが無いという場合はどのような対処をすれば良いのでしょうか。喪服がないという時の対処法には、レンタルするという方法があります。

葬儀社からレンタルすることもできますし、最近はインターネットでの喪服のレンタルサービスを提供するサイトも増えてきました。ただ、ネットのレンタルサービスは配送し手元に届くまで時間がかかります。もしネットのレンタルサービスで喪服を借りたいという場合は、到着する日時をしっかり確認してから利用することをおすすめします。

急いで購入するよりも事前に準備しておこう

喪服はオーダーメイドで作る方もいますが、すでに完成している既製品もたくさん販売されています。もし、手元に喪服がなくお葬式に酸レルしなければいけなくなった場合、既製品の喪服を購入するというのも1つの対処法です。ただ、急いで購入することになるため限られた時間の中で販売店を見つけたり、喪服を選ばなければいけません。場合によっては急いで購入したことで、あまりサイズの合っていない喪服で参列しなけければいけない可能性もあります。

焦って購入するとサイズ感などを見誤ってしまうことも考えられるので、喪服はできるだけ事前に準備しておくと良いでしょう。前もって選んでおけば自分にピッタリのものを選べますし、精神的にも余裕を持ってお葬式に参列できます。