喪服の種類は大きく3つ

喪服には大きく3つの種類に分けられるのをご存知でしょうか。喪服の種類は正喪服・準喪服・略喪服に分けられます。正喪服は最も格式が高いと言われている種類です。喪主と三親等までの親族が着用するのが正喪服となります。光沢感のない黒無地のワンピースにボレロ、アンサンブルにスーツが正喪服の基本です。

準喪服もワンピース、アンサンブル、スーツなどが該当します。一般的に喪服という場合、この準喪服のことですので参列者としてお葬式に出る場合は、この準喪服でも構いません。略喪服は正式な喪服ではなく平服と言われるものです。ブラックフォーマル以外に、紺、グレーなどの地味な色のワンピース、スーツなどがこの略喪服に含まれます。

女性が喪服を着用する時のポイント

女性が喪服を着用する際、気を付けたいポイントとしてまず挙げられるのがスカートの長さです。喪服のスカート丈はひざ下からふくらはぎくらいの長さがふさわしいといわれています。短くてもヒザが隠れる長さにしましょう。ヒザが見えてしまうのはマナー違反となるので注意が必要です。

正喪服と準喪服でスーツタイプの服を着用する場合、ブラウスはブラックのものを選びます。喪服では黒のレースやフリルがついたタイプのブラウスでも問題ありませんが、正喪服の場合はフリルなどのデザインがないシンプルなブラウスを選びましょう。略喪服の場合はスーツに合わせて、落ち着いた色か白のブラウスでもOKです。ただ、あまり派手なデザインやデコルテが大きく開いたものなどは避ける必要はあります。